防音室のワットロゴ

音色を大切にする音楽室

音色を大切にする音楽室


単に防音だけで音響の配慮がされていない部屋ですと、ほとんどが反響音に不快感を覚えると思います。

心地よい環境の方が練習に身が入りますよね。

そんな配慮がディオラボにはあります。

音楽の練習環境をつくる

音楽室

光が紙を透過するように、音も壁を透過します。
防音室はその透過音を減らせるようにするもの。
そう考えると、壁を透過できずに防音室内に跳ね返ってくる音が増えるので多くの反響音が出ます。
音色を気にする環境としては決して好ましくありませんね。

ディオラボの体験メニューでは、そういった防音室内での音の響き方の違いもオリジナル音響商品の脱着や配置換えで体感していただくのですが、実際に違いを感じたと仰る方が多くいらっしゃいます。
狭い防音室の空間で音楽ホールのような響きを求めることは不可能ですが、楽器の音色が極力自然に耳に届くような、そんな環境づくりも音響設計士からご提案させていただいております。

音の響きは耳にも関わってくるでしょうし、練習時間が長い方や楽器の音色を常にチェックされたい方ほど配慮が必要になってくるかと思います。
ディオラボは音色を大切にする音楽室をお作りします。




>> 「様々なシーンに対応」

防音室の問合せ