防音室のワットロゴ

音響オプション

音響オプションプロダクツ


音響オプション


音や視覚的な色あいというものは、人それぞれ好みや感じ方が異なります。

【音色】という言葉には、個の感性が両方含まれていますので、なおさら一律の答えにはなりません。

そこでディオラボの、個の感性を大切にした【音響を創る拡張性】のオプション品をご紹介させてください。

安定した遮音のあとは、響きの調整です。

音をたくさん吸い取ると、防音室内で遮音性能が上がった気がしますが、遮音と吸音は別のものになります。

"難しそうでわからない"という方にも、音響の設計士がご要望を伺いながらご提案させていただきますのでご安心ください。

これらの音響オプションは、必要と思っていただけたもののみをお買い求めいただけます。

吸音パネル

吸音パネル

音響オプションで唯一吸音材を使用したアイテム。
ディオラボのこだわりのひとつに「楽器の原音を生かしたい」というテーマがあります。
楽器の音を吸い取り過ぎず、本来の響きを耳に届けるというスタンス。
この吸音パネルは、設置枚数により音色の響きを調整できるシステムです。
しっかり吸音された環境がお好みの方は、設置枚数を増やしていただき、少し反響音が欲しい場合は外していただくだけです。
狭い空間で管楽器などの高音域がつらかったり、長い練習で耳が疲れるといったこともあると思います。
耳にやさしく、かつお好みの環境を是非手に入れてください。
通常は固定しますが、ピクチャーレール等を使えば移動や脱着も簡単になります。

サイズ:450x1200mm

*天井全体へ施工の場合には、枠のないものを隙間なく全面に施します。(要見積)

吸音パネル
(ホワイト)
税抜12,000円/枚
(税込 13,200円)

サウンドチューニングパネル

STPW (壁掛け)

サウンドチューニングパネル

音同士のぶつかり合いを減らし、拡散させるオリジナルサウンドチューニングパネル「STPW」。
細かい響きを調整されたい方に人気があります。
吸音材を使わずに低周波だけを吸い取り、高音域を気持ちよく響かせてくれる設計。
その効果は、楽器の原音に近い状態を部屋中に響かせ、耳に届けます。
こちらも「楽器の原音を生かしたい」というテーマから生み出されたもの。
このパネルは、音の溜まりやすいコーナー部分に設置していただくと効果的で、吸音パネルとの併用がお勧めです。
オリジナルな意匠で見た目もクールに。
約3kgと軽量ですので天井に取り付けることも可能です。

サイズ:300x1800mm 奥行100mm

STPW 税抜 20,000円/本
(税込 22,000円)

STPR / STPQ(置型)

サウンドボックス

床に置くだけで音の方向を変えたり、雑音を吸収してくれる。
そんなお手軽な音響パネルになります。
外見は似ておりますが、音の反射角を変えるSTPRと、低音域から中音域の雑音を吸収してくれるSTPQの2種類。
それぞれ違う働きをします。
アンプスピーカーの前に置いて耳に優しくしてみたり、グランドピアノの下に置いて高音域の方向を変えてみたりと、お手軽に音作りをお楽しみいただけます。

サイズ:345x645mm 奥行100mm

STPR/Q (各1個) 税抜15,000円/個
(税込 16,500円)

STPA(置型)

STPA

計算された無数の小さい穴。
室内で跳ね返りあう音同士のぶつかりを落ち着かせてくれるアイテムになります。
大きいので、正直、狭い場所では邪魔です。。。
ですが、本当に響きを変えてくれるので、絶賛していただける方が多くいらっしゃいます。
楽器同様、材料は響きを大切にした木を用い、低音域は吸音、高音域は跳ね返すようになっており、耳に対しての音を優しくしてくれます。
設置位置を変えることで吸音力をコントロール。
開発に複数年を費やし、ベースの比重を変えて共振を防ぎながら、円柱の中で音を処理してくれるよう計算された設計者渾身の一撃。
色々試していただき、お好きな位置でお使いください。

サイズ:直径250mm(台座350mm角) 高さ1900mm

STPA
(ホワイト)
税抜70,000円/本
(税込 77,000円)



>> 「ホーム」へ戻る